車検場と同様のテスターでユーザー車検を完全サポート

車検場と同等の検査機器でユーザー車検をサポート

ユーザー車検とは、ユーザー様自らが車検場(運輸支局等)に車両を持ち込んで継続検査(=車検)を受けることです。背景として、平成7年に道路運送車両法が一部改正になり、自動車の点検整備はユーザーの自己管理責任である事が明確にされた一方で、法定点検・整備は検査の前後を問わないとなった事から、『前検査・後整備』が可能となり、ユーザー様ご自身が国で検査を受ける事が可能となったわけです。弊社は車検場(東京陸運支局)からほど近くである事から、ユーザー車検にチャレンジをされる方のサポートもさせて頂いております。是非、ご利用下さい。

富士自動車のユーザー車検サポートとは??

  • Support1(テスター)

    上記5項目を車検場と同等の検査機器にてテストし、車検合格の可否を事前にチェックできます。
    料金には(特殊な車両を除き)ヘッドライトの光軸調整や、サイドスリップの調整も含まれておりますので弊社にお立ち寄り頂ければ合格率UP間違いなしです。
    5項目セットメニューが割安ですが、単独のテストも承っております。

    セット料金:¥2,700(税込)

  • Support2

    テスト(テスター)をしている間に自賠責保険の継続(加入)手続きが出来ますので、運輸支局内であちらこちらへ行く手間が省け効率的です。
  • Support3

    その他、当日中に何とかならないか、出来る限りのサービスをさせて頂きます。
    バルブ切れ、ブーツ切れなど車検が継続できなかった場合はとりあえずご相談ください。

※ご予約は不要です。ご来店順にテスト(テスター)を受付けさせて頂いております。テスターはAM7:45より営業を開始し、お昼も休まず営業させて頂いております。

ユーザー車検後のご注意事項

車検に合格し車検期間が延長されても、点検整備を実施しない限り安全が確保されたわけではありません。あくまでも点検整備はユーザー様の自己管理責任です。ご自身や周りの方々の安全確保のため、国から認証又は指定を受けた黄色い看板が目印の工場で、定期的に車両の点検整備を行って下さい。
尚、点検整備記録簿記載無しの状態で検査を受けると、車検証の備考欄に『点検整備記録簿記載無し』と表示され、2年後の車検時に点検整備記録簿の添付がないと車検が受からなくなる可能性がございます。

ページトップへ戻る